彼女とその家族との交流

先回のフィリピンへの渡航では様々な現実を目の当たりにしました。初めての海外、初めてのフィリピン、初めての出会い。かなり刺激のある旅になりました。

そして、帰国後も彼女とのメールは毎日毎日続き、二回目の渡航へとつながっていきました。

先回の渡航の際の大量のお土産は松橋に促されて準備したものでした。でも、フィリピンへの二回目の渡航の際は、違いました。

ある時、彼女の夕食の写真を見せてもらいました。
そこに写っていたのは、ライスと目刺しのような魚だけでした。
夕食

ボクは、きっとこれが現実のフィリピンの人々の通常の食卓なのだと実感しました。彼女とその家族には、もっと栄養のあるきちんとした食事をしてほしいと考えました。

だから、二回目の渡航の際は自分の意志でお土産を準備しました。

フィリピンでは、お茶は高価だと聞いていたので、緑茶と、日本の食べ物も食べて欲しいと思ったので、のりも入れました。それからフィリピンへのお土産としては定番のシーフードヌードルも入れました。

18236117_805048842985464_1203453586_o

18297191_805048849652130_1108970402_o

18261006_805048846318797_489878890_o

きっと、喜んでくれるハズ。

チケット2

2017/ 5/ 4 13:23

そして、数週間ぶりに彼女達とマニラで再開です。

二回目の渡航でははじめから松橋とは別行動を希望しました。

フィリピン到着初日は、マニラで彼女との結婚に必要な手続きを行いました。この際に、松橋から結納金の50万円をだまし取られました。

マニラのホテルから(マニラのホテルからの早朝の眺め)

次の日の午前中は、初めて彼女と二人で街を歩きました。それまでは、松橋が絶えず監視していました。

今回は、手をつないで一緒に歩いても何も違和感はありませんでした。恥ずかしいとも思いませんでした。

マニラを歩いてみると日本にもあるお店も見かけました。

セブンイレブン、ケンタッキー・フライドチキンなど。ダバオのデパートでは、ダイソーすらありました。

また、フィリピンを走る日本車の多いことと言ったらありません。ほとんど日本車です。軽トラを改造した営業車もたくさん走っています。

フィリピンと日本との係わり合いはとても強いのだと感じました。

ただ、マニラは危険です。特に日本人にとっては。だから、ボクはボディガードである彼女の手をしっかり握って歩きました。

昼食は彼女と一緒にハロハロとチキンの照り焼きを食べました。とてもおしいくいただきました。何よりも、傍らで一緒に食べてくれる人がいるのは大きな意味がありました。

また、その日の午後も松橋とは関わりたくないので、彼には彼女の調子が悪いと言ってホテルに留まりました。彼女のお姉さんも買い物に出かけるというということで、泊まっている部屋は別ですが、その日の日中は同じ部屋で二人で過ごすことにしました。

夕食は彼女のいとこの 「 ゲイ 」 も一緒に焼き肉をいただきました。4人で約5,000ペソの支払いでした。日本円で約10,000円です。日本人でも高いと感じる値段でした。お店にもよるのかもしれませんが、フィリピンの庶民だったらきっと焼き肉はなかなか食べることはできないものなのではないかと考えました。

3日目、彼女の実家にあるダバオに国内線に乗って向かいました。相変わらず松橋と自称「現地スタッフ」は当然の如くついてきました。

マニラのホテルから(ダバオのホテルからの眺め。ホテルの周囲の鶏が朝早くから鳴いていました)

4日目の5月7日。彼女の家の近くにある彼女の家族のファームに連れて行ってもらいました。

彼女の家族は今の家に20年ほど前に移ったそうです。
それまでは、質素な家に住んでいたようです。

旧家

かまどかまどとして使っていた石。お父さんが石に穴を開けて加工したそうです。

2017060722220000

ファームファームの近くの川。ボクが二回目のフィリピン渡航から帰って数日後に氾濫したそうです。普段はとても穏やかな川ですが、インフラの整備されていないフィリピンでは川の増水は珍しいことではないようです。

水は濁っていましたが、子供たちが川で泳いでいました。昔はもっと水がきれいだったと話していました。

河ボクは自然が好きです。街を歩くよりもとても楽しい経験となりました。

そして、フレッシュココナッツジュースをいただきました。日本のスポーツドリンクのような透明感のある飲みやすい味わいでした。中の白い部分もスプーンのすくって食べましたが、おいしかったです。

2017/ 5/ 7 16:09
(ココナッツの木)

5月8日。いよいよ明日、日本に帰国する時となりました。それで、デパートに母に持っていくお土産を買いに行きました。

皿きれいな皿を見つけました

また、彼女から服と財布をプレゼントしてもらいました。

服

母には乾燥マンゴーを買っていきました。帰国後に渡しましたが、とても喜んでいました。ボクも食べましたが、とてもおいしかったです。

夜は彼女の家族が料理を作ってもてなしてくれました。正直、彼女の家族は料理が上手です。また、とててもフレンドリーです。

彼女は性格がとてもいいです。きっと、いい家庭の中で育ったからなのでしょう。家庭環境に恵まれなかったボクにとっては羨ましい限りです。

料理はとても豪華なものでした。特にカニを使った料理がありましたが、ホントおいしかったです。殻は固かったですけどね。

普段は質素なものを食べているのに、ボクのために精一杯のもてなしをしてくれたのでした。

ありがとうございました !

そして、2度目の別れの時となりました。今回もボロボロと涙を流しながら帰ってきました。別れはとても辛いものがありました。

でも、次は結婚式なので、泣いてはいけないと自分に言い聞かせながらも、いつまでもボロボロと涙を流しながら帰ってきました。

妻
( My beloved wife ! 。 実際はもっとかわいいですよ ! )