オランダ製 吊りランプ を設置 !

古民家にあうペンダントランプを探していたらとてもオシャレなものがありましたので早速設置してみました。

とても雰囲気があっていい !    そして本物志向です。

このランプは実際に船舶用のランプを作ってきたメーカーが作ったものだから当然です。

今時のLEDペンダントライトにはない優しい明りでとても癒されます。 もちろんLEDライトも白熱球タイプを使用しています。

オイルランプもいいのですが、LEDランプなので火災の心配もありません。

このランプは周囲をまんべんなく照らす丸い形状と、グローブを覆う独特のガードの形状に特徴があります。

商品は昔ながらの製法と素材にこだわった作りで、真鍮、銅、ガラス等の高級素材で一つづつ熟練された職人の手により手作りで生産しているそうです。

手作業ならではの一品一品表情が違う琥珀色のガラスの風合いも魅力的です。

他にもいろいろなバリエーションがあるようです。

 

とても雰囲気があるLEDランプです。

 

 

Caution ! ” Lolo Kazu ” ” フィリピン国際結婚相談所 マリッジキューピット ” !
( name : 松橋 和幸 ( kazuyuki matsuhashi ) )
16195447_374780959566499_7191968523814918520_n
真実に基づく体験談はコチラから !

 

株式会社モキ製作所 焚き火どんどん

田舎に住んでいると自然が豊かな分、雑草を刈った後の雑草や落ち葉の処理を考えないといけません。

ウチでは永くこれを使っています。

株式会社モキ製作所の 「 焚き火どんどん 」 です。

おススメの200ℓタイプ (ドラムカンとほぼ同サイズ)

この焼却炉は約800℃~900℃の高温燃焼で、ダイオキシンの発生を抑えながらゴミを焼却します。完全燃焼させるために、灰は燃え残りのない白い灰になります。

何よりも環境にとても優しいことが売りです。環境に優しい為に南極探検隊も使っているそうです。

ちょっとした紙くずや木の枝、落ち葉などの可燃物を安心して焼却処分できます。

コンパクトサイズながら大きな投入口で使いやすさを追求した、家庭用焼却炉です

一台目は約10年もちました。最後は蓋に大きな穴が開いてしまい使用できなくなりました。10年も使えれば十分ですね。

 

小型の60ℓタイプ

 

大容量の350ℓタイプ

 

( モキ製作所ホームページ )

 

 

 

Caution ! ” Lolo Kazu ” ” フィリピン国際結婚相談所 マリッジキューピット ” !
( name : 松橋 和幸 ( kazuyuki matsuhashi ) )
16195447_374780959566499_7191968523814918520_n
真実に基づく体験談はコチラから !

 

切り株の除去に効果あり

自宅の周りには杉がたくさん植えられていました。

ところが何本かは内部がすでに腐っているとか・・・

だから切ってもらいました。

しかし・・・

切り株の処理には頭を悩まします。除去するのはたいへんです。

しっかりと地面に根を張っていて、なかなか除去できません。

そのまま切り株を残したままでは見栄えが悪いですし、業者に頼めば高額な費用がかかります。

そこでネットで良いものをみつけました。

この 「 スタンプ・アウト 」 があれば簡単に除去できるみたいです。

水溶液を切り株に注入し数ヶ月放置、その後灯油で燃やせば根こそぎ除去! だそうです。

ボクも早速試してみたいと思います。

 

 

 

Caution ! ” Lolo Kazu ” ” フィリピン国際結婚相談所 マリッジキューピット ” !
( name : 松橋 和幸 ( kazuyuki matsuhashi ) )
16195447_374780959566499_7191968523814918520_n
真実に基づく体験談はコチラから !

 

寒い、なんとかしないと ! ( 今年の古民家の寒さ対策の記録 )


柄の

今の家に引っ越してきてから初めての冬です。

それで実感しました。とても寒い !

なんとかしないと !

それで少しずつ寒さ対策をすることにしました。

 

 

【 2018年11月 】

まずはボロボロだった障子を断熱障子に貼り替えました。

選んだのはこの、「 超強プラスチック障子紙

明るさと風合いはそのままです。以前よりも断熱性があるのも実感できます。

ねこちゃんの引っ掻きにも強いです。

ただやはり断熱性に不十分の感はあります。表面を触ると冷たいです。

 

 

うちはねこを飼っていますが、悩みの種はトラが部屋を出たり入ったり。そのたびにドアをあけるのはとても面倒臭い、かといって開けたままでも寒い・・・。そこで取り付けたのは、「 網戸用犬猫出入り口(小型犬用) 」

 

トラも自由に出入りできてご機嫌です。

 

 

【 2018年12月 その1 】

最近、寝室が寒すぎて夜中に数回起きてしまっていました。かつてない寒さです。というのも、大工のジィさんが床下に木炭を敷けば寒くないと言ったので、かなりの金額を費やして木炭を敷き詰めました。その際に、断熱材はいらないとも話していました。だから断熱材もありません。これは失敗でした。この極寒の地で断熱材の入っていない床はとてつもなく冷たい。氷のようにつめたい !

床暖房のまさに逆の効果で、寝ているとじんわりと体の芯から冷えます・・・。

そこで、今は亡き祖母がよく作ってくれた 豆炭あんか と 湯たんぽ を買いました。

これは暖かい !

先人の知恵です。扱いには注意を要しますが、何でこんなにすばらしいものが廃れてしまっているのか !?

(気密性の高い家だと一酸化炭素中毒の恐れがあるのかも・・・)

豆炭あんか に万歳三唱 !

日中も暖かさは続きます。だから日中はこたつに入れています。

 

火おこしにはコレを使います。その名もずばり 「火おこし」

豆炭自体はホームセンターで1,500円も出せば大量に買うことができます。まさに省エネの極みです。

この 豆炭あんか をだっこして寝ると、とてもとても暖かいです。

 

足元には湯たんぽを入れます。

湯たんぽは金属製をおススメします。なぜなら水を入れれば反射ストーブで直接温められるからです。水を捨てる必要もお湯に入れ替える必要もありません。

ただ、温めた後は当然軍手を使って袋に入れる必要があります。そうしないとやけどします !

この家で寝るにはもはやこの、豆炭あんか と 湯たんぽ がないと無理です。就寝中のみならず、寝る1時間ほど前に両方入れておけば、布団には行った際にもとても暖かいです。

昔の家には昔の住み方が合うのだと実感する、今日この頃です・・・。

都会ではとても経験できない家の住み方に少しずつ慣れを感じるのと同時に楽しさも感じ始めています。

ただ、家族にとってはたまったものではないようです・・・。

 

さてさて、冷気はやはり窓から入ってくるというのが常識です。

そこで定番の断熱カーテンを各所に取り付けました。

おススメのカーテンはやはり 「プレンティ」 このカーテンはとても高機能で安心の日本製です。

防炎、1級遮光、形態安定加工付きです。しかも洗濯もできます。

うちはベージュ色の物をチョイスしました。古民家にはこんな色の方が似合います。

とても厚手の生地で高級感もあります。

夜の安心感もさることながら、カーテンの裏に手を入れるとその違いを実感できます。

 

 

【 2018年12月 その2  ( 冷気進入禁止 !? ) 】

うちはとにかく隙間風がひどいです。

断熱とは無縁・・・

少しでも隙間風を防ごうと思っていたらこんな商品を見つけました。

値段もそんなに高くないから試してみることにしました。

本来は窓用ですが、リビングダイニングキッチンに接しているガラス戸と障子に付けてみました。

取り付けは簡単です。カーテンレールにぶら下げるだけです。

葉っぱ柄なので少しだけ部屋の雰囲気が明るくなります。少しでも暖かくなるといいな。

ビニール製なので耐久性は期待できませんが、安いので汚れたり破損した際には新しいものと交換すればいいです。

チョットだけごわつきますが、その分だけ高級感のあるレース仕様もあります。生地はよくあるレース柄のテーブルクロスの生地をイメージしてもらえば良いかと思います。

 

 

【 2018年12月 その3  ( 冷気は窓から ) 】

冷気は窓から来ます。ということで今回の寒さ対策はコレ。

ボクが選んだのはシックなブラウンのタイプ。

組立は2時間程かかりましたが、断熱効果は抜群です。

ただし、簡易的なものなので多少の隙間は残ります。それでもコストパフォーマンスは十分です。

 

 

 

Caution ! ” Lolo Kazu ” ” フィリピン国際結婚相談所 マリッジキューピット ” !
( name : 松橋 和幸 ( kazuyuki matsuhashi ) )
16195447_374780959566499_7191968523814918520_n
真実に基づく体験談はコチラから !

 

 

 

古民家は寒い !



 

今日はとても寒い !

外は雪が薄く積もっている。しかも、我が家は築100年以上も経つ古民家です。寒いのなんのって !

窓のカーテンを開けてみたら結露した滴は凍っていました。

当然、この極寒の地において二重窓でもありません・・・。

100年前に二重窓などなかったでしょうし・・・。

土台はコンクリートではありません。だから、この乾燥した時期でも湿気がすごい !

なぜこの時期に70%以上なのか?!

加湿器とは無縁です・・・。

気になる室温は・・・!

365日、除湿機を3台も動かしています。この季節はデシカント式のものを使うから電気代もすごい !

我ながらなぜこんな物件を選んでしまったのかと考える。

しかし、広々としていて田舎には自由があるのである。

隣の岩手県にはボクが好きな場所がたくさんある。それに、ここは鳴子温泉にとても近い。

悪い事ばかりではないのだと自分に言い聞かせる日々・・・。

それで今年は反射ストーブでも最強のスペックのものを買いました・・・。

トヨトミのストーブ SL-6618

木造17畳までと謳っています。

これは確かに暖かい ! 上にやかんを置くとすぐにお湯が沸きます。おそるべし ! 小窓から見える炎も雰囲気あります。

でもうちのリビングダイニングキッチンは20畳以上あるから、コレでも役不足・・・。

ファンヒーターを同時に使っています・・・。

灯油代も高い・・・。

なぜ・・・?

寒い !

なんとかしないと・・・。

 

 

 

Caution ! ” Lolo Kazu ” ” フィリピン国際結婚相談所 マリッジキューピット ” !
( name : 松橋 和幸 ( kazuyuki matsuhashi ) )
16195447_374780959566499_7191968523814918520_n
真実に基づく体験談はコチラから !

 

 

 

改築 ( 台所、風呂場 )



 

大工のジィさん曰く 「 数年前まで人が住んでいたから風呂場は使える 」 。

しかし、今年の初めになって風呂場のタイルに穴が開いていて使えないことが判明しました。

ジィさんにまんまと騙されました。

そこで急きょ水回りもリフォームすることにしました。

 

リフォーム前

前の住人がたくさん置いていった荷物。当然片付けさせました。

 

リフォーム中

年寄り大工がほとんど1年かけてのんびりのんびり工事をしていきました。

そしてようやく5月始めに完成

 

年寄り大工が のんびりのんびり ほぼ2年かけて ほとんどの部分を改築しました。費用は恐ろしいものになりましたとさ・・・

 

 

 

 

急ピッチで進むリフォーム、そして引っ越し



 

 

なかなか移住先のリフォームも進みません。

でも、いつまでもボクたちがここ (借上げ住宅) にいると病気持ちの母に負担がかかってしまいます。

母はボクたちの食事の準備などでとても疲れている様子です。母はいつもボクを助けてくれます。妻は妊娠しているから家事はなにもできません。それも当然の事です。

だから早く新居に引っ越さないと・・・ 母に負担はかけられない。

それで大工に今月半ばまでには大方工事を完成させるようにきつく言いました。

工事は急ピッチで進みました。大工は毎日遅くまで工事をしていたようです。

そして、移住先の家もほぼ完成しました。

去る4月28日、引っ越しの日を迎えました。

 

 

 

 

Caution ! ” Lolo Kazu ” ” フィリピン国際結婚相談所 マリッジキューピット ” !
( name : 松橋 和幸 ( kazuyuki matsuhashi ) )
16195447_374780959566499_7191968523814918520_n
click here !

 

 

 

 

改築 ( トイレ、床 )



 

購入した古民家は正直ボロボロでした。

そこでまずはボットン式のトイレを水洗トイレに改築します。

また、床も張り替えます。

トレイになるところ

 

年寄り大工がほとんど1年かけてのんびりのんびり工事をしていきました。

そして完成

壁は汚いけど住める程度にはなりました。

このドアの先がトイレになりました。

 

家にはこんなものもあります。

かってこの家で飼われていた馬のお墓

とても大事にされていたことを伺い知ることができます。

 

鳥小屋

昔は卵は貴重だったから自分の家で生産していたのですね。

 

井戸

中はとても本格的な昔の井戸でした。

夜な夜なお岩さんが出てくるとかこないとか?

 

 

 

Caution ! ” Lolo Kazu ” ” フィリピン国際結婚相談所 マリッジキューピット ” !
( name : 松橋 和幸 ( kazuyuki matsuhashi ) )
16195447_374780959566499_7191968523814918520_n
真実に基づく体験談はコチラから !

 

 

 

終の棲家を求めて・・・

今日も午前中から終の棲家探し・・・。

家-300x225

街から離れた静かな場所に木々に囲まれ、ひっそり佇む古い家へ。

ほぼ、この物件にすることにしました。

明治時代の物件だそうです。

現状は、トイレはボットン。床は落ち、柱は傾き・・・。

崩れた部分が多数。しかし、数年前までにおばあさんが住んでいたとのことです。まだ問題なく住むことができるに違いありません。

しかも、会社から車で片道1時間半はかかろうであろう物件。

しかし、とても惹かれるものが・・・。

敷地はとても広いです。

 

 



 

 

Caution ! ” Lolo Kazu ” ” フィリピン国際結婚相談所 マリッジキューピット ” !
( name : 松橋 和幸 ( kazuyuki matsuhashi ) )
16195447_374780959566499_7191968523814918520_n
真実に基づく体験談はコチラから !